このブログを検索

2014年3月11日火曜日

今日で3年。

こんにちは、今日で3年。
そう、東日本大震災から早くも3年の月日が経ちました。
私は、宮城県に住んでいることから被害は受けました。
その日、私は友人の家で2:30頃から映画鑑賞をしていました。
それから約15分後弱い揺れが来ました。
当時、弱い地震がかなりの頻度で起きており「あぁまた来たか」「どうせすぐに収まるだろう」と思った数秒後いきなり大きな揺れが私たちを襲いました。私と友人はなんとか冷静に動き机の下に潜りました。
揺れはかなり長く感じられました、その間テーブルの上には冷蔵庫が倒れて来てもし冷静に動けていなかったら冷蔵庫に押しつぶされ怪我をしていたことでしょう、もし打ち所が悪かったら怪我どころではすんでいなかったのかもしれません。
帰りは自転車で家まで帰りました。途中ブロックが倒れていたり信号が着いておらずなかなか横断歩道が渡れず帰るのに時間がかかった事を今でも鮮明に覚えています。
その後、我が家は家族全員無事ということがわかり一安心。
そして、家族が地震が起こることを想定していたため一通りの生活用品は蓄えられておりあまり困りませんでした。正に備えあれば憂い無しです。
その後しばらくし、ライフラインが復旧。ただ、まだお風呂に入れない知り合いなどがいたのでお風呂を使わせてあげたり互いに協力し合いました。
その後も今日まで数多くの地震が起きて来ました。ただ、震度3などの地震などはあまり感じられなくなって来ました。それほど慣れてしまった事これは恐ろしいことです。

私は、あの時の地震で様々な考えが変わりました。
命の考え。人との協力の大切さなど。
私はあの時のことは忘れません。いや忘れられません。
是非皆様も、非常事態に備え非常食など最低限の生活用品は備えておいてください。

最後に、私たちのために寝る間を惜しみライフラインの復旧に努めてくれた皆様や
私は直接お世話になっていませんが、避難所などで働いてくれた皆様、その他ボランティアで働いてくれた皆様には心から感謝いたします。

この震災で被害にあった皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方、その家族の方に心よりお悔やみ申し上げます。
一日も早く復興ができるよう、私もできることから始めていこうと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿